個人再生で救われたとき

軽い気持ちで借りてしまったでしたが、すぐに返済は出来ると思っていました。ところがこの景気の悪さで給料は思ったよりも増えず、逆にボーナスのカットという思いもしなかった状況に陥りました。今日を生きていくためにまたお金を借りて、返済のためにお金を借りてという生活が続くようになり、返しても返してもなかなか返済が終わらない状況になってしまいました。

返済のことばかりが頭の中をよぎり、どうすればいいのか途方に暮れていたときに、住んでいる地域の弁護士会が開催している借金の無料相談会が近日にあることを知り、その弁護士会に相談をすることとしました。弁護士会への電話での予約については、対応をしてくれた方は感じがよく、予約がスムーズに出来たことを覚えています。

無料相談では、弁護士の方が自己破産はデメリットが大きく、毎月一定額の収入があるので個人再生を行った方がよいというアドバイスを親身になって言ってくれたのでその方向で気持ちの整理が付きました。早いほうがよいと思い、その相談にのってくれた弁護士に正式に依頼をし、裁判所への書類提出に向けて書類作成に入り、申し立てに至りました。

借りては返すを繰り返す自転車操業になったら、早めに個人再生を考えた方が、結果的に早く生活再建が可能であることを身にしみて理解した一件でした。

債務整理デメリット特集

借金返済はあっという間に期日が迫る

消費者金融で借入した事があり、借金返済というものを初めて体験したのですが、1ヶ月というのがあっという間に過ぎるという事。とても追われている感覚がありました。この前返済したばかりなのに、もう次の返済日の事を考え、やってくる。そんな事が長く続きました。滞納や遅延は1度もした事はありませんでしたが、毎月返済していて感じるのは虚しさと後悔です。

早く完済したくても、利子も高めなので、残金が減っている感じもなく、長く続くと精神的に疲れてきてしまいます。今は完済しました。途中で、アルバイトなどを掛け持ちして、残金を一括で返済したのです。追われる日々が苦痛だったので、やむ終えない手段でした。身体も疲れましたが、今はホッという安堵感です。

借入した理由は、急を要す事情で、貯金もなかったですし、銀行では借りられる金額も低かったので、選択肢がなかったのですが、やはり、銀行などのちゃんとしたところの方が今の時代でも安心感はあり、もう少し気分的にも違ったのではないかと思っています。簡単には借りられますが、それが良くない事なのかもしれません。

借金返済というのはとても大変だという事を痛感しました。家庭にも言えるような事であれば別ですが、一般的ではない借入は避けるべき事です。

https://債務整理東京ナビ.jp/

債務をまとめて借金返済ができました

恥ずかしい話ですが、パチンコにはまりお金がないとカードローンをしてそれでしていました。

何回も借りていると、感覚がマヒして借入の限度額が自分のお金のような気がしてきます。
そのために、合計で100万円という高額の借金ができました。

この時点で、自分でも怖くなり親に打ち明けることにしました。

親からは、何回も叱られましたが結局半分だけは借りることができました。
残りの50万円は、何社からかの借入なので金利の安い銀行に借り換えることで借金返済はできました。

毎月、最低でも5万円は返済してボーナス時には30万円返済しました。

返済のペースが、早くできたので半年くらしで銀行は完済しました。
次は、親に対して毎月3万円返済してボーナス時には10万円返済しました。

親には、感謝しています。親のお金には利息がないので、無理せずに1年くらいで完済できました。
今回は、100万円という大台になったことで借金の怖さがよくわかりました。

親とも約束したので、もう簡単にはお金を借りることはしません。

この先の人生で、借りる場面に出たときにはまずは、親などに相談をしてから慎重に借りたいと今は考えています。
借金も少ない間は、いいですが高額になると返済が大変です。